税理士でトラブルを解決|未然に防ぐコツがある

亡くなってからでは遅い

スーツの人

相続税の改正により、節税のために賃貸住宅の購入をする方が非常に多くなっています。賃貸住宅購入での節税は、資金計画も同時に緻密に立てなければいけません。また生前贈与をする場合には、早めの行動が重要です。税理士に相談すると、賃貸住宅購入や生前贈与での節税を問題なく進めることができます。

もっと見る

争いを防ぐ遺言書作成

3人の男の人

高齢者が増えていることを背景に、遺言書の作成を弁護士などの専門家に相談される方が増えています。親族間の相続の争いを防ぐために遺言書は非常に有効ですが、内容によっては争いを引き起こしてしまう可能性もあります。また正しい書式に則り書かないと、家庭裁判所で無効と判断されてしまいます。

もっと見る

相続をする時の問題

男の人と女の人

相続トラブルが増えている

相続に関するトラブルが増えています。身内が亡くなった場合には遺産分割協議を行って分割方法を決めることになりますが、この遺産分割協議に関して相続人間で揉めるケースがあります。そのため最近では予め遺言書を書いて、自分の死後に遺産に関してのトラブルを防ごうとする人がたくさんいます。しかし遺言書を作成する場合には民法の規定通りに書かなければ無効となってしまうので、十分に注意する必要があります。そのため遺言書に詳しい弁護士や税理士等に、その書き方について相談するケースが目立っています。折角遺言書を作成しても無効になってしまったら大変です。ですからそういったことにないように、専門の人に相談をしてから書く人が増えています。

困ったことは相談する

遺産を相続した場合には相続税を支払う必要があります。最近では法改正されたこともあり、相続税を支払う人の数が増えています。そのため、それについてしっかりとした知識を得ておく必要があります。しかし相続税についての算出方法は非常に複雑なので、算出方法を間違ってしまい誤まった相続税の額を支払ってしまう場合もあります。そういったことにならないためにも、税理士等に相談をするのが良いです。税理士は相続税の算出方法についてはとても詳しいので、そういった人に相談をするのが良いです。もし相続税の額を間違えて納めてしまうと、後々面倒なことになってしまいます。そういったことにならないためにも、しっかりと相談に乗ってもらう必要があります。

労働トラブルを防ぐ方法

握手

ここ最近、使用者側と労働者との間のトラブルが増えているが、就業規則がきちんと整備されていないことに起因するケースが多いです。就業規則はインターネット等で入手できますが、やはり専門家である社労士にみてもらいながら作成するのがベターですし、横浜市内にも就業規則を得意とする社労士が多くおられます。

もっと見る